FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PSYREN』CALL.136感想

グリューン、ブラオ、ロート、シュヴァルツ…これらは全て、ある色をドイツ語にしたものです。
ドイツ語の単語は英語に似ているものが多いですが、シュヴァルツは少し分かりにくいかも…?


連続ドベ2はさすがにヤバいですけど、今と同じくらいヤバかった
2年前は乗り切れたんだから大丈夫! …と思いたい。(←おい)
それにしても、あの時はよく乗り切れましたよね。当時は掲載順を
見る度にハラハラしたものです。…今でもハラハラしていますけど。

アゲハと弥勒。作中でもアゲハが言っていますが、
この2人が対峙するのは犬居の山荘の時以来です。
いやー、あれから1年半も経ったんですね…。

そんな中、ネメシスQの主…う~ん、ものスゴく今さらですけど、
いちいち“ネメシスQの主”と書くのは面倒なので、今度からは
07号に変えます。作中でも、アゲハに07号と呼ばれていますし。
…それはさておき、カードを媒介にした07号の幻が現れました。

弥勒によると、弥勒とジュナスのグリゴリ脱走時、
07号は弥勒についていくことを拒否したとのこと。
ところで、この時の07号は普通に喋れたんですね。
彼女が喋れなくなったことについてはまだ明らかに
されていませんが、弥勒の攻撃を受けたことによる
後遺症という可能性もなくはないですね。

姉である07号を何の躊躇もなく攻撃する弥勒。
その時、アゲハはノヴァを発動して07号を救出。
今の07号はカードを媒介にした幻であるため、
たとえ貫かれたとしても平気とのことですが、
それでも自分を助けたアゲハに礼を言います。
無表情なのは相変わらずですけど、それでも
心が徐々に開いてきているのが分かります。
…ところで、ノヴァ化している時のアゲハは
まるで宙に浮いているように見えるのですが、
ノヴァ化すると舞空術が(以下略)

そんな2人の様子を見て、アゲハに対して“憎い”と言う弥勒。
平気で殺そうとしておいて“絆”と言ったり、何十億という命を
奪っておいて“憎い”と言う弥勒にアゲハは怒りを爆発します。
すると、アゲハのノヴァが黒くなり、“暴王”と一体化します。
ここに来てついにアゲハが文字通り黒化しましたね。もし自我が
残っていなければ、ついにアイツらの出番がやってくるのかな?
…いや待てよ、あの場には雨宮もいるし、やっぱり無理かな…?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

オバキューム22

Author:オバキューム22

サイト

New ルイージドリーム
New ルイージドリーム

Happy! Luigi Mansion 10th
Happy! Luigi Mansion 10th

バナー

バナー

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Twitter

投票(マリオ)

FC2ブックマーク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。